スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 top↑
ぼくの小鳥ちゃん
ぼくの小鳥ちゃん

最近のお風呂タイムで読んでいた本。
表紙の可愛らしいイラストに惹かれたのと、パラパラ捲ってみて読みやすそうだと思って買った本。
あと、江國香織さんだったから。

買った当時(多分高校生の時に買ったのかな??)一度読んだだけで、いざ改めて読んでみると、始めて読む感覚を覚えた。
私ちゃんと読んでなかったのかな。。
まぁ、あんまし同じ本や映画を繰り返して読んだり見たりしないけど。

小鳥ちゃんは、すごく可愛い。
まるで人間の女の子のようで、とても自由だ。
我侭で、勝手で、でも可愛い。
憎めない。
読むにつれて、小鳥ちゃんが人間の女の子みたいに思えてくる。
少し羨ましくも思う。

主人公の【ぼく】にはちゃんと【ガールフレンド】がいるのだけれど、
彼女も充分魅力的なんだけれど、私には小鳥ちゃんの存在の方が大きいというか…スキだ。

イラストレーションも素敵で、想像を掻き立てられます。
これはどこの国のお話なんだろう、って。
ヨーロッパな感じもするし、日本かもしれないとも思う。

私は、小鳥ちゃんがスケートするシ-ンが一番スキ。
最後がね、これでおしまい?って思っちゃった。
それからも小鳥ちゃんとぼくは一緒に暮らしていったのかな??
それがいいな。
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー ジャンル:小説・文学
* 本 * TB(0) CM(0) top↑
<<☆初勤務☆ | TopPage | まーくんとお茶。>>
comments
please comment












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
この記事に対するトラックバック
| TopPage |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。