スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 top↑
ハピネス

私が読んだ野ばらちゃんの小説の中で、一番スキかもしれない『ハピネス』。

また読み直してみたんだけど、終盤、どんどん涙が溢れてきた。


おじいちゃんとおばあちゃんが亡くなって、まだ何もしていない遺体が葬儀屋さんの手によって綺麗にされて、納棺、お通夜、葬儀、火葬、と全部の段階を遺族として身近で見てきて。

それからまだそんなに経っていないから、最後のね、彼女が亡くなってから、火葬までの部分が涙が止まらなかった。


前に読んだ時だって普通に感動したんだけど、今まで、納棺や火葬までの細かい段取りとかって知らないから、すらすら読んじゃってた。

だけど今、本当に身近な人。
おじいちゃんとおばあちゃんが亡くなってから読んだら、文章と実際に見てきた事が重なって、また違った感情で読めた。



この物語の中で、死ぬのは百二十分の一の確率で、よくある出来事なんだと言っているけど、おじいちゃんとおばあちゃんの死を経験して、何だか納得したというか…身をもって感じた気がしました。


前に読んだ時も思ったけど…
私も『世界で一番、宇宙で一番、ウルトラ・ラッキーな女のコだよ』って言えるような人に出逢いたいな。


今回また読んだ事で、この『ハピネス』一層スキになりました。



スポンサーサイト


テーマ:読んだ本。 ジャンル:本・雑誌
* 本 * CM(0) top↑
<<人の成長 | TopPage | 子供の頃とは違うんだ>>
comments
please comment












管理者にだけ表示を許可する

| TopPage |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。